プロフィール

ニックネーム飯尾さとる
自己紹介  自給的農家の次男坊として生まれました。従って農業従事者になる芽は閉ざされていたため(農家に婿入りするなんて気の利いた知恵はもっておりませんでした)第一次産業関連が好きだった所為もあり、水産畑へ。

 水産会社へ入り、船に乗ったり、海外への水産物買い付け、海外駐在(インドネシア)、製品生産立ち会い(生産指導なんておこがましいのですが、バングラ、中国、ベトナムなどエビ加工場です)など、よく行きました。

 諸外国の経済水域意識が強まり、水産会社も他国沖合・沿岸での自社船での漁業がだんだんできなくなり、商社化し、あるいは普通の食品メーカーとしての体裁となりましたので、私もそれにつれて原料生産の現場から商品仕立て・冷凍食品の営業までいろんなことを経験しました。そういう意味では案外おもしろかったですね。

 でも、食品の大量生産は、原料をほぼ100%外国産に依存、そのうち製品まで輸入するようになり、国内産業の空洞化・安全性の面など多様な問題を抱えていることにだんだん不安を覚えるようになりました。

 やはり、その国の食糧は自国で責任を持つべき、という「食料主権」の考え方が一番体にいいんじゃないかと、開発輸入的なお仕事に決別することにし、食糧・農業問題の運動体である農民連の仕事に参加しました。

 2004年、47歳でした。これが社会運動への参加の第一歩でした。それが高じて今の私につながっています。いろんな仕事をやらせてもらった世間には感謝しております。

 また、この経験(特に、遠洋漁船の乗組員、海外での駐在などで現地の人との生活、食品大企業の社員としての過酷な労働など)はなかなかできないことでもあり、今の仕事のなかでも私の「強み」として活かされていると思っています。

<連絡先>

住所:〒297-0037 茂原市早野2243-9
電話:0475-22-3725

メール:satoru_fishlv@yahoo.co.jp
年齢60歳
お住まい千葉県
職業その他
趣味・興味魚釣り(船釣り)
経歴千葉県東金市出身、千葉県立成東高校卒、東京水産大学(現・東京海洋大学)専攻科修了後水産会社勤務、農民連産直組織を経て09年4月茂原市議会議員当選・2013年4月再選、現在2期目
好きな場所
好きな本たくさん
好きな映画特になし
好きな音楽フォークソング
最も幸せな時飲み食いするとき